西郷どん休止にAIアナ NHK“働き方改革”で受信料どうなる?

公開日: 更新日:

 最近のNHKの一連の動きはいずれも“働き方改革”のためらしい。

 4月1日の大河ドラマ「西郷どん」は本編が休止となり、主役の鈴木亮平渡辺謙が対談をする“特別編”に差し替わった。過去に東日本大震災や総選挙に伴う特番で放送そのものをとりやめた例はあるが、本編を休止して特別編を放送したのは大河ドラマ史上初めて。

「NHKが『西郷どん』の本編を特別編に置き換えたのは、制作現場の撮影スケジュールを緩和する狙いがあったようです。今後もあと2話ほどが特別編になるといわれています」(NHK関係者)

 昨年11月、NHKエンタープライズの板野裕爾社長はNHK記者の過労死に触れ、労働環境改善に取り組む方針を明らかにした。以後、職員の勤務時間の管理が厳しくなり、管理職は口を開けば「残業するなよ」と言うようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る