西郷どん休止にAIアナ NHK“働き方改革”で受信料どうなる?

公開日:

 最近のNHKの一連の動きはいずれも“働き方改革”のためらしい。

 4月1日の大河ドラマ「西郷どん」は本編が休止となり、主役の鈴木亮平と渡辺謙が対談をする“特別編”に差し替わった。過去に東日本大震災や総選挙に伴う特番で放送そのものをとりやめた例はあるが、本編を休止して特別編を放送したのは大河ドラマ史上初めて。

「NHKが『西郷どん』の本編を特別編に置き換えたのは、制作現場の撮影スケジュールを緩和する狙いがあったようです。今後もあと2話ほどが特別編になるといわれています」(NHK関係者)

 昨年11月、NHKエンタープライズの板野裕爾社長はNHK記者の過労死に触れ、労働環境改善に取り組む方針を明らかにした。以後、職員の勤務時間の管理が厳しくなり、管理職は口を開けば「残業するなよ」と言うようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る