主演作で難役 中山美穂が公私で見せる“変幻自在”の女優力

公開日: 更新日:

 中山美穂(48)がドラマに映画と復活の狼煙を上げている。4月19日スタートのドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)初回にゲスト出演し、撮影で初めて訪れたという同局の新社屋で「新人のような気分になりました」とコメント。5月には5年ぶりの主演映画「蝶の眠り」が日韓同時公開となる。

 2014年に作家の辻仁成(58)と離婚。その後、パリから単身帰国し芸能活動を再開後も仕事は順調そのものに見える。

 本人を知る芸能関係者が言う。

「美穂さんは大物とあって近寄りがたいイメージもありますが、実際はとても気さくで、撮影先などではADやアルバイトのスタッフにも優しいんです。それでいて、街中にすっと溶け込んでしまうようなところもある。『世界中の誰よりきっと』が大ヒットした90年代初頭、NHK紅白に連続出場する売れっ子でありながら、有楽町駅前の人だかりをプロデューサーと2人で歩いていて驚いたのを覚えています。80年代を代表する元アイドルなのに、あまりに自然体というか、本人だと気づかないほどでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る