• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宿敵の週刊誌と和解? なりふり構わぬキムタクの広報戦略

 主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の平均視聴率が15%台をキープ。木村拓哉(45)は順風満帆に見えるが、今後の方向性を考えあぐねているようだ。ドラマでは斎藤工に“おじさん”呼ばわりされ、勝地涼からは地面に突き伏せられた。等身大の中年男を演じ切ったかにみえる。

「SMAPが解散してしまった以上、これからは歌より役者中心の活動になると思います。ですが、彼は映画やドラマに出演するたびに“職業のコスプレをやっているだけで、何をやってもキムタク”と揶揄されています。それは本人の耳にも届いているはずですから、そこから脱却しようと必死なんじゃないでしょうか。今回のドラマはだいぶ“キムタク色”が薄くなったと思いますが、まだまだだという人は多いですね」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 どうやら、木村は迷走しているようだ。番宣のためとはいえ、バラエティーでマツコ・デラックスと街ロケをする姿には、往年のファンも思わず首をひねったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る