宿敵の週刊誌と和解? なりふり構わぬキムタクの広報戦略

公開日:

 主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の平均視聴率が15%台をキープ。木村拓哉(45)は順風満帆に見えるが、今後の方向性を考えあぐねているようだ。ドラマでは斎藤工に“おじさん”呼ばわりされ、勝地涼からは地面に突き伏せられた。等身大の中年男を演じ切ったかにみえる。

「SMAPが解散してしまった以上、これからは歌より役者中心の活動になると思います。ですが、彼は映画やドラマに出演するたびに“職業のコスプレをやっているだけで、何をやってもキムタク”と揶揄されています。それは本人の耳にも届いているはずですから、そこから脱却しようと必死なんじゃないでしょうか。今回のドラマはだいぶ“キムタク色”が薄くなったと思いますが、まだまだだという人は多いですね」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 どうやら、木村は迷走しているようだ。番宣のためとはいえ、バラエティーでマツコ・デラックスと街ロケをする姿には、往年のファンも思わず首をひねったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る