めちゃイケ女優の明暗 雛形あきこに“2時間ドラマ女王”の目

公開日: 更新日:

「僕の青春でした」

 ナインティナインの岡村隆史(47)が涙ながらに語った「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が、先月末で22年の幕を閉じたが、“オリジナルメンバー”の視界は、まずまず良好だ。

「影響がないとは言えませんが、めちゃイケが終了しても、ナイナイ岡村と矢部浩之(46)、極楽とんぼ加藤浩次(48)はもちろん、よゐこ、オアシズの芸人メンバーはそれぞれにまだ人気もありますし、“ひな壇”の需要もある。俳優の武田真治(45)はミュージカルで頑張っています」(フジテレビ関係者)

 元グラビアアイドルで女優の鈴木紗理奈(40)は、昨年7月、初主演映画「キセキの葉書」でマドリード国際映画祭最優秀外国映画主演女優賞を受賞。今年1~3月期のドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)では、ヒロインを叱咤激励する同僚役を好演するなど勢いに乗っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る