めちゃイケ女優の明暗 雛形あきこに“2時間ドラマ女王”の目

公開日:

「僕の青春でした」

 ナインティナインの岡村隆史(47)が涙ながらに語った「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が、先月末で22年の幕を閉じたが、“オリジナルメンバー”の視界は、まずまず良好だ。

「影響がないとは言えませんが、めちゃイケが終了しても、ナイナイ岡村と矢部浩之(46)、極楽とんぼ加藤浩次(48)はもちろん、よゐこ、オアシズの芸人メンバーはそれぞれにまだ人気もありますし、“ひな壇”の需要もある。俳優の武田真治(45)はミュージカルで頑張っています」(フジテレビ関係者)

 元グラビアアイドルで女優の鈴木紗理奈(40)は、昨年7月、初主演映画「キセキの葉書」でマドリード国際映画祭最優秀外国映画主演女優賞を受賞。今年1~3月期のドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)では、ヒロインを叱咤激励する同僚役を好演するなど勢いに乗っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る