3年先までビッシリ “刑事ドラマ掛け持ち”内藤剛志の職人芸

公開日: 更新日:

 俳優・内藤剛志(62)は3年先まで仕事のスケジュールが真っ黒だという。9日に「十津川警部シリーズ5」(TBS系)で十津川省三を演じたばかり。12日には主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長シーズン3」(テレビ朝日系)が始まった。

「3時間スペシャルで放送された『十津川警部』の視聴率は9.1%でした。2ケタには及びませんでしたが、この日は参院決算委員会で財務省が森友学園に口裏合わせを要求したことが明らかになり、中高年がニュースに流れてしまったこともある。TBSは根強い十津川警部ファンがいるとみて将来的に連ドラ化を視野に入れているといいます」(マスコミ関係者)

 しかし、最大の問題は内藤のスケジュールだ。「十津川警部」と「警視庁・捜査一課長」のほかに、「科捜研の女」シリーズ(テレ朝)、「特殊犯罪課・花島渉」シリーズ(同)でも刑事役を務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る