3年先までビッシリ “刑事ドラマ掛け持ち”内藤剛志の職人芸

公開日: 更新日:

 俳優・内藤剛志(62)は3年先まで仕事のスケジュールが真っ黒だという。9日に「十津川警部シリーズ5」(TBS系)で十津川省三を演じたばかり。12日には主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長シーズン3」(テレビ朝日系)が始まった。

「3時間スペシャルで放送された『十津川警部』の視聴率は9.1%でした。2ケタには及びませんでしたが、この日は参院決算委員会で財務省が森友学園に口裏合わせを要求したことが明らかになり、中高年がニュースに流れてしまったこともある。TBSは根強い十津川警部ファンがいるとみて将来的に連ドラ化を視野に入れているといいます」(マスコミ関係者)

 しかし、最大の問題は内藤のスケジュールだ。「十津川警部」と「警視庁・捜査一課長」のほかに、「科捜研の女」シリーズ(テレ朝)、「特殊犯罪課・花島渉」シリーズ(同)でも刑事役を務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る