フジ看板番組MCにパワハラ疑惑 被害女性「クロだと思う」

公開日:

「やっと出たんだ」――。先週スタートしたばかりの看板番組で醜聞報道が飛び出したというのに、フジテレビ関係者は驚くことなく、おおむね冷静に受け止めているようだ。

 12日発売の「週刊文春」が、4月2日に始まった「プライムニュース イブニング」のMCに抜擢された反町理氏(53)の“パワハラ疑惑”について報じた。政治部の官邸キャップ時代、後輩女性記者を休日デートに誘い、それを断られると取材の共有メモを彼女にだけ届かないように嫌がらせをするなどしたという。

 これが本当ならフラれた男の逆恨みもいいところだが、この話は1カ月以上前からフジ局内で語り草となっていた。

「コトの発端は今年1月、元NHKの登坂淳一アナがセクハラ疑惑を週刊誌に報じられ、『プライム』のMCを“降板”したこと。後任にベテランの反町氏の名前が挙がったのですが、社内の“身体検査”で政治部時代に後輩だった2人の女性記者に対するパワハラ疑惑が浮上しました。被害者2人にヒアリングも行われ、『反町氏で大丈夫なのか?』と懐疑的な意見が相次いでいたのですが、最終的に上層部が押し切ってしまったのです」(フジ社員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る