• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ看板番組MCにパワハラ疑惑 被害女性「クロだと思う」

「やっと出たんだ」――。先週スタートしたばかりの看板番組で醜聞報道が飛び出したというのに、フジテレビ関係者は驚くことなく、おおむね冷静に受け止めているようだ。

 12日発売の「週刊文春」が、4月2日に始まった「プライムニュース イブニング」のMCに抜擢された反町理氏(53)の“パワハラ疑惑”について報じた。政治部の官邸キャップ時代、後輩女性記者を休日デートに誘い、それを断られると取材の共有メモを彼女にだけ届かないように嫌がらせをするなどしたという。

 これが本当ならフラれた男の逆恨みもいいところだが、この話は1カ月以上前からフジ局内で語り草となっていた。

「コトの発端は今年1月、元NHKの登坂淳一アナがセクハラ疑惑を週刊誌に報じられ、『プライム』のMCを“降板”したこと。後任にベテランの反町氏の名前が挙がったのですが、社内の“身体検査”で政治部時代に後輩だった2人の女性記者に対するパワハラ疑惑が浮上しました。被害者2人にヒアリングも行われ、『反町氏で大丈夫なのか?』と懐疑的な意見が相次いでいたのですが、最終的に上層部が押し切ってしまったのです」(フジ社員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る