• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督語る 「パシフィック・リム」続編で“東京破壊”のワケ

 日本の特撮モノやロボットアニメへの熱愛を込めた実写怪獣映画シリーズ2作目「パシフィック・リム:アップライジング」(東宝東和配給)が今週13日、公開となる。名うてのオタク監督、ギレルモ・デル・トロから続編のメガホンを託された新鋭スティーヴン・S・デナイト監督が、前作に負けぬ日本愛を熱く語った。

「怪獣は世界のあちこちを襲うんだけれど、人類との最終決戦の地を東京にすると言い張ったのは私なんだ。というのも一番好きな『ウルトラマン』を筆頭に『マグマ大使』『ゴジラ』など、日本のコンテンツに夢中になって育った自分にとって東京は聖地。この街を踏み潰してめちゃくちゃにすることは、怪獣好きにとっては憧れ、夢みたいなものだからね」

 海底から突如現れた、既存の軍事力が役に立たない巨大怪獣に対し、人類はイェーガーと呼ばれる巨大ロボを建造。最終決戦に挑んだ。この続編ではその約10年後、再び現れた怪獣と最新型イェーガーの新たなる戦いが描かれる。日本人キャストとしては、前作で主役メカのパイロットだった森マコ役の菊地凜子が続投。今回も物語のキーとなるキャラクターを演じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る