監督語る 「パシフィック・リム」続編で“東京破壊”のワケ

公開日: 更新日:

 日本の特撮モノやロボットアニメへの熱愛を込めた実写怪獣映画シリーズ2作目「パシフィック・リム:アップライジング」(東宝東和配給)が今週13日、公開となる。名うてのオタク監督、ギレルモ・デル・トロから続編のメガホンを託された新鋭スティーヴン・S・デナイト監督が、前作に負けぬ日本愛を熱く語った。

「怪獣は世界のあちこちを襲うんだけれど、人類との最終決戦の地を東京にすると言い張ったのは私なんだ。というのも一番好きな『ウルトラマン』を筆頭に『マグマ大使』『ゴジラ』など、日本のコンテンツに夢中になって育った自分にとって東京は聖地。この街を踏み潰してめちゃくちゃにすることは、怪獣好きにとっては憧れ、夢みたいなものだからね」

 海底から突如現れた、既存の軍事力が役に立たない巨大怪獣に対し、人類はイェーガーと呼ばれる巨大ロボを建造。最終決戦に挑んだ。この続編ではその約10年後、再び現れた怪獣と最新型イェーガーの新たなる戦いが描かれる。日本人キャストとしては、前作で主役メカのパイロットだった森マコ役の菊地凜子が続投。今回も物語のキーとなるキャラクターを演じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る