「やる気ゼロ」発言も…工藤静香の昭恵夫人化が止まらない

公開日: 更新日:

 昨年ソロデビュー30周年を迎えた工藤。おニャン子全盛の1980年代後半に大人気だった中山美穂南野陽子、浅香唯と並んでアイドル四天王と称されたが、1世代下のSMAPファンにとっては、過去の人。「夫の足を引っ張る妻」としか映らないようだ。

「圧倒的な人気を誇っていた頃の工藤を知っているだけに、かわいそうな気もしますが」と、芸能ライターのエリザベス松本氏がこう続ける。

「今となれば“時々しゃしゃり出てくるキムタクの嫁”というネガティブなイメージの方が強い。キムタク本人は、今年主演したドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)で“おじさん感”を出すなど、年相応の役柄を好演していた。イメチェンを図る大事な時期という自覚があるからでしょうが、工藤も控えるべきところは控えたほうが、キムタクのためになるとは思います」

 昨年の週刊文春の嫌いな夫婦ランキングで1位になったキムタクと工藤。今は“MUGO・ん”が正解か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る