「やる気ゼロ」発言も…工藤静香の昭恵夫人化が止まらない

公開日:

 工藤静香(48)の発言が炎上気味だ。

 16日にスタートしたフジテレビ系新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜夜11時)の初回ゲストとして登場。石橋から「(おニャン子時代の10代の頃は)やる気なさそうだったよね」と指摘された工藤は、「やる気ゼロだった。全然ゼロ。果てしなくゼロ」と、相変わらずの甘ったるい口調で答えていた。

 ところが、ネット上では「当時のファンに失礼だ」「いい大人がそんなことを言って恥ずかしくないのか」などと“集中砲火”を浴びている。

 中には「余計な発言が(夫の)木村(拓哉)くんを苦しめることになるってことに気づいて」なんて悲痛な叫びも。

「SMAP解散をめぐって工藤の名前が取り沙汰されて以降は、インスタグラムなど、工藤のやることなすことすべてが、批判の対象にされています。工藤にすれば、いまだに“裏切り者”扱いされている夫のキムタクを支えたい一心なのでしょうが、工藤が露出すればするほど、SMAPファンの神経を逆なでする羽目に。安倍首相にとっての昭恵夫人みたいな存在になっています」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る