クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

スペースバンパイア(1985年・英国、米国)

公開日:

 約76年周期で地球に接近するハレー彗星を探査中、謎の巨大な柱状の宇宙廃船を発見した英国宇宙船。廃船の中には全裸の巨乳美女と男2人が眠っていて、船長はそれを地球に持ち帰るが……。

 巨乳美女の正体は吸精鬼で、精気を吸い取られた人間はゾンビになる。それに気付いた博士が空軍大佐に言った言葉だ。

 B級ホラーの鬼才トビー・フーパーは、前作「ポルターガイスト」の演出で、製作のスピルバーグにあれこれ口を出されて参ったらしい。その鬱憤を晴らしたかったのか、建物や街をドッカンバッカンと爆発させ、演出がド派手。怖いというより面白い。細かいなりゆきを省き、展開が早く、“なんでこうなったの”的に映画は進行するが、それでも遊び心満載の演出が力強く、最後までぐいぐい見られるのがいい。

「ティファニーで朝食を」でおなじみのヘンリー・マンシーニのイメージと反する雄々しい音楽でスタートし、脚本は「エイリアン」のダン・オバノンで、「スター・ウォーズ」のジョン・ダイクストラがSFXを担当。これだけのスタッフが集結すれば、B級映画マニアが泣いて喜ぶのは間違いなしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る