マキタスポーツらFA宣言…残る「たけし軍団」断末魔の叫び

公開日: 更新日:

 ビートたけし(71)の独立で揺れる「オフィス北野」と残留タレントたちは生き残れるのか――。芸能界史上初めてというFA宣言が飛び出したり、マネジャー募集をはじめるなど軍団のサバイバル作戦が話題になっている。

 プロ野球のトップ選手ではお馴染みのFA宣言に踏み切ったのは、ピン芸人のマキタスポーツ(48)、プチ鹿島(47)、お笑いコンビ「米粒写経」の居島一平(43)、サンキュータツオ(41)。移籍、独立、残留と、あらゆる可能性を視野に入れつつ、他事務所からのオファーを待つとしている。深夜放送のTBSラジオ「東京ポッド許可局」では、自分たちの思いをリスナーにぶつけていた。

 だが、たけしの弟子とはいえ、世間一般にはあまり知名度が高いとはいえない芸人に手を差し伸べる芸能プロはあるのだろうか。スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る