森昌行社長vsたけし軍団 泥沼の対立に透ける“別の構図”

公開日:

 円満退社かと思われたビートたけし(71)の事務所独立をめぐってオフィス北野・森昌行社長とたけし軍団がグッチャグチャになっている。1日に水道橋博士ら軍団のメンバーがブログに声明文を掲載し、マスコミが一斉に騒ぎ出した。声明文には森社長が1億円近い高額報酬を得ているなど森社長がたけしの信頼を裏切ったことが原因とされているが、キレたのが森社長。「週刊新潮」で反論して、まさに泥沼のお家騒動、全面対決になってきた。

 そもそも、たけしの独立に関しては女性の存在が大きいとされたが、軍団も森社長もそこには一切触れず。語られないことにこそ真実があるようにも思うが……。メディアはスルーだ。

 それで森社長vs軍団なわけだが、気になるのが軍団の仕事っぷり。ガダルカナル・タカ、ダンカン、ラッシャー板前、水道橋博士あたりはテレビで見かけるが、売れっ子とまではいかない。多くは事務所とたけしにおんぶにダッコで、「スッキリ」(日テレ系)がグレート義太夫の写真をウガンダ・トラの写真と間違えるほど残念なタレントが多いのが実情。今回はそんな“社員”が権利を主張して社長批判をしていると言ったら言い過ぎだろうか。森社長にしてみれば、“社員”がもっとカネをくれと騒いでいるようにしか見えないかもしれない。

 マスコミは突っ込みどころが違うことに気がつくべきでは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る