森昌行社長vsたけし軍団 泥沼の対立に透ける“別の構図”

公開日: 更新日:

 円満退社かと思われたビートたけし(71)の事務所独立をめぐってオフィス北野・森昌行社長とたけし軍団がグッチャグチャになっている。1日に水道橋博士ら軍団のメンバーがブログに声明文を掲載し、マスコミが一斉に騒ぎ出した。声明文には森社長が1億円近い高額報酬を得ているなど森社長がたけしの信頼を裏切ったことが原因とされているが、キレたのが森社長。「週刊新潮」で反論して、まさに泥沼のお家騒動、全面対決になってきた。

 そもそも、たけしの独立に関しては女性の存在が大きいとされたが、軍団も森社長もそこには一切触れず。語られないことにこそ真実があるようにも思うが……。メディアはスルーだ。

 それで森社長vs軍団なわけだが、気になるのが軍団の仕事っぷり。ガダルカナル・タカ、ダンカン、ラッシャー板前、水道橋博士あたりはテレビで見かけるが、売れっ子とまではいかない。多くは事務所とたけしにおんぶにダッコで、「スッキリ」(日テレ系)がグレート義太夫の写真をウガンダ・トラの写真と間違えるほど残念なタレントが多いのが実情。今回はそんな“社員”が権利を主張して社長批判をしていると言ったら言い過ぎだろうか。森社長にしてみれば、“社員”がもっとカネをくれと騒いでいるようにしか見えないかもしれない。

 マスコミは突っ込みどころが違うことに気がつくべきでは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る