森昌行社長vsたけし軍団 泥沼の対立に透ける“別の構図”

公開日: 更新日:

 円満退社かと思われたビートたけし(71)の事務所独立をめぐってオフィス北野・森昌行社長とたけし軍団がグッチャグチャになっている。1日に水道橋博士ら軍団のメンバーがブログに声明文を掲載し、マスコミが一斉に騒ぎ出した。声明文には森社長が1億円近い高額報酬を得ているなど森社長がたけしの信頼を裏切ったことが原因とされているが、キレたのが森社長。「週刊新潮」で反論して、まさに泥沼のお家騒動、全面対決になってきた。

 そもそも、たけしの独立に関しては女性の存在が大きいとされたが、軍団も森社長もそこには一切触れず。語られないことにこそ真実があるようにも思うが……。メディアはスルーだ。

 それで森社長vs軍団なわけだが、気になるのが軍団の仕事っぷり。ガダルカナル・タカ、ダンカン、ラッシャー板前、水道橋博士あたりはテレビで見かけるが、売れっ子とまではいかない。多くは事務所とたけしにおんぶにダッコで、「スッキリ」(日テレ系)がグレート義太夫の写真をウガンダ・トラの写真と間違えるほど残念なタレントが多いのが実情。今回はそんな“社員”が権利を主張して社長批判をしていると言ったら言い過ぎだろうか。森社長にしてみれば、“社員”がもっとカネをくれと騒いでいるようにしか見えないかもしれない。

 マスコミは突っ込みどころが違うことに気がつくべきでは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る