本妻vs愛人…たけし事務所独立騒動は“第2ラウンド”へ突入

公開日: 更新日:

 ビートたけし(71)の事務所独立騒動は、たけしの去った「オフィス北野」で森昌行社長(65)とたけし軍団が話し合いの場を持ち、今後の方策を決めていくという。しかし、これで騒動は一件落着かというと、そうもいかないようだ。

 18歳年下の愛人女性A子さんとの新事務所「T.Nゴン」で再出発したたけしだが、夫人で元漫才師の幹子さん(66)は離婚に頑として応じていない。ベテラン芸能記者、青山佳裕氏の直撃取材に「何も知らない」と多くを語らなかったが、青山氏が「旦那はもういらないということですか」と水を向けたところ、間髪を入れずにこう明言したというのだ。

「そんなことは言ってません。絶対に言ってませんからね!」

 A子さんとの関係が取り沙汰された約4年前は、直撃すると大声をあげ、額に青筋をたてて激怒したという。たけしがA子さんのことを「彼女」と公然とテレビで語ったのがよほど腹に据えかねたのかと臆測が飛び交ったものだ。青山氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る