• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本妻vs愛人…たけし事務所独立騒動は“第2ラウンド”へ突入

 ビートたけし(71)の事務所独立騒動は、たけしの去った「オフィス北野」で森昌行社長(65)とたけし軍団が話し合いの場を持ち、今後の方策を決めていくという。しかし、これで騒動は一件落着かというと、そうもいかないようだ。

 18歳年下の愛人女性A子さんとの新事務所「T.Nゴン」で再出発したたけしだが、夫人で元漫才師の幹子さん(66)は離婚に頑として応じていない。ベテラン芸能記者、青山佳裕氏の直撃取材に「何も知らない」と多くを語らなかったが、青山氏が「旦那はもういらないということですか」と水を向けたところ、間髪を入れずにこう明言したというのだ。

「そんなことは言ってません。絶対に言ってませんからね!」

 A子さんとの関係が取り沙汰された約4年前は、直撃すると大声をあげ、額に青筋をたてて激怒したという。たけしがA子さんのことを「彼女」と公然とテレビで語ったのがよほど腹に据えかねたのかと臆測が飛び交ったものだ。青山氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る