本妻vs愛人…たけし事務所独立騒動は“第2ラウンド”へ突入

公開日:

 ビートたけし(71)の事務所独立騒動は、たけしの去った「オフィス北野」で森昌行社長(65)とたけし軍団が話し合いの場を持ち、今後の方策を決めていくという。しかし、これで騒動は一件落着かというと、そうもいかないようだ。

 18歳年下の愛人女性A子さんとの新事務所「T.Nゴン」で再出発したたけしだが、夫人で元漫才師の幹子さん(66)は離婚に頑として応じていない。ベテラン芸能記者、青山佳裕氏の直撃取材に「何も知らない」と多くを語らなかったが、青山氏が「旦那はもういらないということですか」と水を向けたところ、間髪を入れずにこう明言したというのだ。

「そんなことは言ってません。絶対に言ってませんからね!」

 A子さんとの関係が取り沙汰された約4年前は、直撃すると大声をあげ、額に青筋をたてて激怒したという。たけしがA子さんのことを「彼女」と公然とテレビで語ったのがよほど腹に据えかねたのかと臆測が飛び交ったものだ。青山氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る