• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大手プロを退社しパリで活動 日仏ハーフ女優・美波の挑戦

 アーモンド形をしたブラウンの大きな瞳が印象的だ。仏人の父親と日本人の母親を持つ女優の美波(31)。3年前までホリプロに所属しドラマや映画、舞台、CMなど多方面で活動していた。それを一度、リセットした今は、単身パリに住み、ひとつの夢に向かって試行錯誤の日々を送っている。

「私、ハーフで顔が濃いんです。佐賀の女の子に見えますか? 前髪を切ってみたんですが……」

 29日から始まる舞台「悪人」(企画・台本・演出=合津直枝)の通し稽古終了後、息を弾ませながら苦笑いする。九州を舞台にした吉田修一の同名小説を原作とした2人芝居。蜷川幸雄作品でヒロインを務めるなど舞台経験は豊富だが、2人芝居は初めての挑戦だ。

「しびれますね。休む暇も息をつく暇もない。しかも役者の言葉だけで世界観をつくり上げ、お客さんに伝えなければいけない。セリフの量も膨大で方言もあるので、違和感と充足感が入り乱れているような状態です。役をつくる作業って大変だし、本当に苦労するんですが、このしびれる感じが、面白い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事