大手プロを退社しパリで活動 日仏ハーフ女優・美波の挑戦

公開日: 更新日:

 アーモンド形をしたブラウンの大きな瞳が印象的だ。仏人の父親と日本人の母親を持つ女優の美波(31)。3年前までホリプロに所属しドラマや映画、舞台、CMなど多方面で活動していた。それを一度、リセットした今は、単身パリに住み、ひとつの夢に向かって試行錯誤の日々を送っている。

「私、ハーフで顔が濃いんです。佐賀の女の子に見えますか? 前髪を切ってみたんですが……」

 29日から始まる舞台「悪人」(企画・台本・演出=合津直枝)の通し稽古終了後、息を弾ませながら苦笑いする。九州を舞台にした吉田修一の同名小説を原作とした2人芝居。蜷川幸雄作品でヒロインを務めるなど舞台経験は豊富だが、2人芝居は初めての挑戦だ。

「しびれますね。休む暇も息をつく暇もない。しかも役者の言葉だけで世界観をつくり上げ、お客さんに伝えなければいけない。セリフの量も膨大で方言もあるので、違和感と充足感が入り乱れているような状態です。役をつくる作業って大変だし、本当に苦労するんですが、このしびれる感じが、面白い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る