• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冬彦さんから四半世紀 “怪優”佐野史郎が語る役作りの流儀

 多面性を内に秘める人物を演じさせたら、これほど光る俳優もいないだろう。佐野史郎、63歳。数多くの監督に指名され、キーとなる人物を演じてきた。NHK大河ドラマ「西郷どん」では井伊直弼に扮する。マザコンの「冬彦さん」で一大ブームを巻き起こしてから四半世紀、近年まれにみる「面白い現場」の作品があったそうで――。

 7日に公開される映画「私は絶対許さない」(緑鐵配給)。15歳で集団レイプの被害者となった主人公・葉子のトラウマとその後を、被害者の目線で全編「主観撮影」した。メガホンを取ったのは精神科医の和田秀樹氏。百戦錬磨の俳優は、この作品で主人公の夫を演じた。葉子を自宅に閉じ込め、腹いっぱいになるまで食べさせ、ロリータ趣味のセックスを強要する役だ。

「まるで診察台に招かれたみたいで、ちょっぴり身構える自分がいましてね。難しいシナリオだったので、いつも以上にシナリオを読み込み、現場に臨みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る