• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生きるも死ぬも恨みっこなし」橋田壽賀子さんに聞く<下>

整理整頓して下着もつけて…このまま眠って起きなきゃいいな

 92歳の橋田さんは、新刊「恨みっこなしの老後」(新潮社)で〈もう誰も恨む人もいません〉〈今、残っているのは感謝だけ〉と胸の内をつづった。まるで菩薩の域に達したかのようだが、死ぬよりも怖いことがある。

「今はまだ頭も少しはハッキリしているし、遠出するときだって押し車(シルバーカー)を使えば歩くこともできる。トイレもお風呂も入れます。怖いのは、ボケたりして分からないうちに人様に迷惑をかけること。夫に先立たれ、子どものいない天涯孤独の私にとってそれがいちばん怖いから、もしものときは“安楽死させてください”って書いたんです。法律を変えるまでは無理だとしても、それで皆さんが話し合ったり考えたりするきっかけになったらいいなという思いはありましたね。そして願わくば、ひとりでも多くの方が死と向き合ってくれる訪問医さんと出会えるといいなあって。幸せに死なせてあげるにはどうしたらいいか、長生きさせてあげるにはどうしたらいいか。その人その人の希望をかなえてくれる町医者が増えてくれたらなあって思います。私も早くそういう主治医を見つけたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る