山口達也が“アルコール依存症”治療に吟味するVIPな3病院

公開日:

 強制わいせつ事件でジャニーズ事務所を“クビ”になった元TOKIOの山口達也(46)。断酒宣言をした4月26日の記者会見後から姿をくらましている。入院中とも報じられているが、現在、どこで何をしているのか――。

「アルコール依存症の治療のために入院する病院を探しているそうです。ジュニア時代から30年にわたり稼いできた山口は、億ションを複数所有している。一昨年の離婚で財産分与し、今回の不祥事で億単位のCM違約金などが発生するといわれていますが、それを差し引いても、まとまった資産が残る。長期入院することを見越し、病院をじっくりと吟味しているようです」(芸能ジャーナリスト)

 入院先として有力視されているのが埼玉県にあるA病院だ。政治家などが“避難先”としても使う隠れ家的なVIP施設で、スパトリートメントなどの施術を受けることもできる。内外がインターホン付きの扉で厳重に管理されているため、マスコミの取材を遮断できる。もちろん、心療内科などの治療プログラムも充実している。今後、山口の治療サポートに当たるとされる両親が住む実家と近いことも候補の材料となっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る