明日は我が身 TOKIO山口達也の一件に学ぶ「飲酒と性犯罪」

公開日: 更新日:

「依存的なものではないと自分では思っている。控えなければいけないと思っています。お酒を飲む人だったら分かるかも知れませんが寝てしまったり……」

 強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検された(その後は起訴猶予に)「TOKIO」の山口達也(46)の記者会見を見て、ドキッとした人は多いのではないか? オレも酒飲んで失敗すること多いんだよなぁ……と。

「WHOの問題飲酒の定義は、健康問題、職業問題、事故、家族問題、犯罪。飲酒でこれらの問題を繰り返していれば、適正飲酒ではなく、問題飲酒です」

 こう指摘するのは、約10年前から日本で先駆的に性犯罪再発防止プログラムに取り組む「大森榎本クリニック」の斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)。

 犯罪には強姦、強制わいせつも含まれ、問題飲酒の定義である犯罪の約半数が「飲酒酩酊中での犯罪」といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る