中川右介
著者のコラム一覧
中川右介

1960年東京生まれ、早大第二文学部卒業。出版社「アルファベータ」代表取締役編集長を経て、歴史に新しい光をあてる独自の執筆スタイルでクラシック音楽、歌舞伎、映画など幅広い分野で執筆活動を行っている。近著は「月9 101のラブストーリー」(幻冬舎新書)、「SMAPと平成」(朝日新書)など。

ドイツ女優が広めた「花はどこへ行った」は反戦運動の象徴

公開日: 更新日:

 加藤登紀子の自伝「運命の歌のジグソーパズル」は「1968年」がリフレインされている本だ。同年は彼女がパートナーとなる藤本敏夫と出会った年だが、それだけではない。アメリカの公民権運動とベトナム反戦運動、フランスの5月革命、チェコスロバキアの「プラハの春」、そして日本の学生運動と、世界各地で若い世代が闘っていた年だった。その1968年から50年経ったいま、彼女は68年だけでなく、さらにその50年前がロシア革命の動乱期であり、さらにその約50年前にはパリ・コミューンがあったと指摘し、近現代史の出来事と歌とを関連付けていく。

 その起点となる68年を象徴するのが、ピート・シーガーの「花はどこへ行った」だ。といっても、この歌が作られたのは56年だ。それが68年前後になって、反戦運動の象徴となったのだ。

「花はどこへ行った」はピート・シーガーが作詞・作曲したが、詞には原作があった。ロシアの作家ショーロホフの「静かなドン」の中にコサックの子守唄として出てくる歌だ。「静かなドン」はロシア革命の起きる前、1910年から物語が始まる大河小説で、25年に書き始められ、40年に完結し、ソ連を代表する文学として評価され、ショーロホフはノーベル文学賞を受賞した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る