“ポスト吉岡里帆”の声も CM急増で話題の武田玲奈って誰?

公開日:  更新日:

 芸能界入りのきっかけは、2013年に応募した「第2のくみっきー! 発掘オーディション」。グランプリを獲得し、ファッション誌「Popteen」のレギュラーモデルに起用された。

 モデル、グラビア、女優とマルチに活躍する旬の美少女を直撃すると、本人は至って自然体だ。

「モデルのお仕事は、流行の服を着たりメイクをしてもらったりできるので、すごく楽しんでやっています。グラビアは、より素に近い自分を出せるのがいいですね。女優として、もっとステップアップできたら、満島ひかりさんや宮﨑あおいさん、戸田恵梨香さん、新垣結衣さんのような憧れの方たちと共演してみたいです」

 ブレーク夜明け前の彼女だが、苦労人の一面もある。

 福島県いわき市出身。中学2年の時、東日本大震災で被災した。実家の被害こそ最小限で済んだが、原発事故の影響で一時、埼玉に住む祖母の家で避難生活を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る