どこまで見せるか 橋本マナミが語った過激グラビアの流儀

公開日:  更新日:

 国民的愛人・橋本マナミ(33)が、“濡れる”を極めた写真集「#びちょびちょ」を発売。今回は香港ロケを敢行、新たな快感に触れたという。

「私史上、一番セクシーに仕上がりました。最初の1カット目からバケツで水をかけられ、撮影中の3泊4日は終始濡れっぱなしでした。

 一番印象深かったのは、屋根なし2階建てバスでの屋外撮影ですね。バスがコーナーを曲がると車内から外へ水がドバッとあふれるくらい、1時間ずっと水をかけられました。2階建てバスの上で、迫りくる香港の看板と水、屋外の開放感が初めての体験で。この写真集は、セックスレスな人妻が香港で性を開放するっていうストーリーなんですけど日本人観光客の方もいっぱいいて、見られるのも快感。一番開放感を味わったシーンでした」という橋本。

 撮影中はしょっちゅう、ポロリをしていたそうで、「現地のおじいちゃんたちにバッチリ見られてました。おかげで、おじいちゃんたちが離れなくて(笑い)」と明るく語るが、過激グラビアには橋本流の“流儀”があるという。

「胸に関しては、乳輪は見せても乳首は見せない! 乳首のシルエットが透けて見える服も着ていますし、まぁ、乳輪まで見えれば想像つきますよね? それでも全部見せてしまうより、想像していただきたい。妄想のお相手でありたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る