どこまで見せるか 橋本マナミが語った過激グラビアの流儀

公開日:  更新日:

 国民的愛人・橋本マナミ(33)が、“濡れる”を極めた写真集「#びちょびちょ」を発売。今回は香港ロケを敢行、新たな快感に触れたという。

「私史上、一番セクシーに仕上がりました。最初の1カット目からバケツで水をかけられ、撮影中の3泊4日は終始濡れっぱなしでした。

 一番印象深かったのは、屋根なし2階建てバスでの屋外撮影ですね。バスがコーナーを曲がると車内から外へ水がドバッとあふれるくらい、1時間ずっと水をかけられました。2階建てバスの上で、迫りくる香港の看板と水、屋外の開放感が初めての体験で。この写真集は、セックスレスな人妻が香港で性を開放するっていうストーリーなんですけど日本人観光客の方もいっぱいいて、見られるのも快感。一番開放感を味わったシーンでした」という橋本。

 撮影中はしょっちゅう、ポロリをしていたそうで、「現地のおじいちゃんたちにバッチリ見られてました。おかげで、おじいちゃんたちが離れなくて(笑い)」と明るく語るが、過激グラビアには橋本流の“流儀”があるという。

「胸に関しては、乳輪は見せても乳首は見せない! 乳首のシルエットが透けて見える服も着ていますし、まぁ、乳輪まで見えれば想像つきますよね? それでも全部見せてしまうより、想像していただきたい。妄想のお相手でありたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る