吉岡里帆と密会 共演女優が次々落ちる佐藤健の“モテテク”

公開日:  更新日:

 もっか飛ぶ鳥を落とす勢いにある若手女優、吉岡里帆(24)に初スキャンダルだ。

 ヒロインを務める日曜劇場「ごめん、愛してる」(TBS系)の撮影はじめ、ラジオのレギュラー番組、グラビア撮影などなど連日多忙を極める中でも、“夜な夜な”ある男のマンションへ通う様子を発売中の「女性セブン」にキャッチされたのだ。

 なんでも、ある晩の吉岡は濡れ髪にスッピンのまま、コンビニでペットボトルを数本購入。待たせておいた車に乗り込み、男が住む高級マンションへと消えていったというからなかなかの親密ぶりをうかがわせる。しかも、相手の男は“平成の火野正平”とも称される俳優の佐藤健(28)ときた。元AKB前田敦子(26)の泥酔抱っこ騒動でその名をとどろかせた好色男である。

 古くはオシリーナことグラドルの秋山莉奈(31)との交際が報じられ、石原さとみ(30)とは“公然熱烈チュー”報道もあった。直近でいえば、2014年に広末涼子(37)との不倫報道が物議を醸したのは記憶に新しい。とまあ、その大半が共演歴のある女性と浮名を流してきたのだが、セブンによると、吉岡とは俳優の城田優(31)を介して知り合ったとか。それにしても、なぜ次から次へと美女たちが“落ちる”のか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る