号泣謝罪もあっさり復帰 ショーンKに向けられる“冷視線”

公開日: 更新日:

 耳を疑った人もいたのではないか。経営コンサルタントを名乗る「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上(50=本名・川上伸一郎)が、7月3日に始まるビジネス情報番組「ザ・ビジョナリー~異才の花押」(TOKYO MX)にメインナビゲーターとして本格復帰するという。

 ショーンKといえば、2016年3月に浮上した経歴詐称疑惑によって、「報道ステーション」(テレビ朝日系)などすべてのレギュラー番組を降板。公式プロフィルに掲載していたテンプル大卒、米ハーバード大でMBA取得、パリ第1大学留学といった学歴・経歴はすべてウソで、実際は高卒だった。また、「すぐにウソをつく」という意味を込めて高校時代に“ホラッチョ”と呼ばれていたことも報じられた。

 TOKYO MXテレビといえば、洗脳騒動で事務所をクビになった元オセロの中島知子や、海外赴任先での経費不正使用でフジを退職した長谷川豊らを次々と起用したことで“キワモノ再生工場”の異名を持つ。今回、どんな経緯でショーンKは復帰することになったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る