育児中の上戸彩 “負け戦”でもフジ「月9」出演の大人の事情

公開日:  更新日:

 女優の上戸彩(32)が31日、日本橋三井ホールで行われた「アートアクアリウム2018」の発表会に登場した。

 同展の広報大使として3年目を迎える上戸は、薄青の京友禅の着物で現れ「またまた私ですみません。涼しげなブルーで夏が来る感じがします」とコメント。金魚を美しく展示し、インスタ映えでもブレークしている同展に関して「母や娘、パパ、パパのお母さんと回らせていただいています」と語り、夫のEXILE・HIRO(48)や義母とも円満な様子をのぞかせた。

 上戸は7月期のフジテレビ月9枠に出演が内定。本来は主演オファーだったが、育児を理由に辞退し、譲歩案としてドラマのキーパーソンで登場するという。

 近年の月9は放映中の長澤まさみ(30)主演の「コンフィデンスマンJP」も平均視聴率1ケタ台と低迷気味。“負け戦”を承知の枠であってもドラマ出演を断れないのは所属事務所の都合もあるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る