広瀬香美の芸名使用権問題 元事務所とドロ沼訴訟に突入か

公開日: 更新日:

「愛があれば大丈夫」や「ロマンスの神様」などのヒット曲を持つ歌手の広瀬香美(52)が5月28日、自身のフェイスブックを更新し、事務所移籍と新事務所の設立を報告した。

「これまで以上に、音楽家としての可能性を追求し、スピーディに力強く目標達成に挑む所存です」と決意表明をつづった広瀬だが、これに激怒しているのが突然、「独立宣言」を突きつけられた元の所属事務所「オフィスサーティー」である。

 同事務所は31日、広瀬の移籍は許可を得ることなく行われたものであるとして「広瀬香美」の芸名を使っての芸能活動禁止を求め、「断固たる法的措置をとる所存」というから穏やかではない。

 そもそも、「広瀬香美」の本名は石井麻美で、芸名は事務所の代表が名づけたものだという。このままだと広瀬は自分の芸名が使えなくなる可能性が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る