超売れっ子はバレても平気 竹内涼真は今も現場へ電車通勤

公開日: 更新日:

 春ドラマもいよいよ終盤戦。深夜帯の「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の健闘というトピックもあったが、視聴率ダービートップを独走しているのは、日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系21時~)だ。医療モノで豪華絢爛なキャスト陣を配し、莫大な制作費を投じた力作なのは一目瞭然。その“対価”が平均視聴率12~13%台とはじけ切れず、「正直物足りない」(TBS関係者)という声も上がってはいるのだが。

 加藤綾子(33)演じる治験コーディネーターの描写に関係団体からクレームが入り、放送直前には主演の二宮和也(34)と元フリーアナウンサー伊藤綾子(37)の熱愛がふたたび報じられるなど逆風が吹き荒れた。しかも、「今回のニノは感情を表に出さない一匹狼のダーティーヒーローで熱愛報道を払拭するには不向きな役どころだった。女性人気はあるものの敵役の小泉孝太郎も含め、そもそも伸びしろはない。それを補強する意味で起用されたのが、若手の竹内涼真。幼少期から習っていた得意のサッカーを披露するシーンも描かれ、制作側に愛されているのがよ~く伝わってきました」(コラムニストの桧山珠美氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る