室井滋<中>マージャンでの“暴言”が週刊誌連載のきっかけに

公開日: 更新日:

 生活費の足しに始めたエッセーが編集者の目に留まり、一冊に取りまとめた「むかつくぜ!」(1991年、マガジンハウス刊)がまさかのミリオンセラー。「一獲千金に縁がない人生を送ってきた」という駆け出しの女優は、芝居と執筆の“二足のわらじ”のスタイルを確立していく。

「私の中には富山県人の堅実さが根付いていて、人にお金を借りたり、親がいなくなったからああなったと後ろ指をさされるのが嫌で、自立した生活を送るにはどうしたらいいのかを考えた上で始めたことでした。もともと学生映画の企画書を書いたり、出版社勤務の先輩の手伝いで大宅壮一文庫(雑誌のバックナンバーを所蔵する私立図書館)に通ってがんの特効薬のリポートをまとめたりしていたんです。親戚に与謝野晶子研究の国文学者がいて、その雑用係をしたこともありました。書くことは好きだったんです。それで、長いものは無理だとしても雑文なら書けるかなって」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る