室井滋<上>いつからプロの女優になったのか実感が持てない

公開日: 更新日:

 個性派、異色、ツウ好み――そんな表現がしっくりとくる。7年間の早稲田大学在学中に100本以上の自主映画に出演し、中退後、芝居の世界に飛び込んだ。現在はナレーション、著述、絵本作家といったいくつもの“顔”を持つ。規格外女優・室井滋の原動力とは一体、何なのか。

 早大在学中に出演した学生映画は100本以上。その間、さまざまな舞台のプロデュース公演にも出演し精力的に芝居と向き合う20代を送っていたが、女優を生業とするつもりはまるでなかったという。

「フィルム代も自分たちで捻出する学生映画をやっていたので、女優で生活ができるという感覚がなかったんです。商業映画に出ている同年代の女優さんに憧れなかったわけではないけれど、まったく別世界という感じでした」

 転機となったのは、実父の死だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る