室井滋<上>いつからプロの女優になったのか実感が持てない

公開日:

 個性派、異色、ツウ好み――そんな表現がしっくりとくる。7年間の早稲田大学在学中に100本以上の自主映画に出演し、中退後、芝居の世界に飛び込んだ。現在はナレーション、著述、絵本作家といったいくつもの“顔”を持つ。規格外女優・室井滋の原動力とは一体、何なのか。

 早大在学中に出演した学生映画は100本以上。その間、さまざまな舞台のプロデュース公演にも出演し精力的に芝居と向き合う20代を送っていたが、女優を生業とするつもりはまるでなかったという。

「フィルム代も自分たちで捻出する学生映画をやっていたので、女優で生活ができるという感覚がなかったんです。商業映画に出ている同年代の女優さんに憧れなかったわけではないけれど、まったく別世界という感じでした」

 転機となったのは、実父の死だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る