小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

タレント佐藤美希 なぜW杯MCに選ばれたか経歴を調べると…

公開日:

診断結果は…【不可】

 ロシアW杯の観戦で寝不足が続いている。もっとも生中継が多いのはNHK。いきおい、総合、BS1にチャンネルを合わせるが、NHKのアナウンサーとともにMCを務める佐藤美希を、ひやひやしながら見ている。

 17日深夜のドイツ対メキシコでは「ダイナミックなプレー」と発言するところを「醍醐味」と言いかけた。16日未明のポルトガル対スペインの解説者紹介では「森岡……隆三さん」と名前がすぐに出てこなかった。

 NHKに佐藤美希という女子アナはいないよな……と思って調べたら、2013年「第38回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリに輝いた元モデルのタレントと判明。なぜ4年に1度のW杯のMCに抜擢したのか。どうやら決め手はJリーグ名誉マネジャーの肩書だったらしい。Jリーグの宣伝大使といった役割だ。

 そこでの活動が認められMC抜擢というわけだが、JリーグのスタジオMCならわかるが、五輪以上に盛り上がるサッカーW杯に起用とは驚きだ。この時を待ち望んでいたファンからは「過去の優勝国を知らないなどMCがひどすぎる」と悪評紛々、ネットで大炎上中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る