小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

タレント佐藤美希 なぜW杯MCに選ばれたか経歴を調べると…

公開日: 更新日:

診断結果は…【不可】

 ロシアW杯の観戦で寝不足が続いている。もっとも生中継が多いのはNHK。いきおい、総合、BS1にチャンネルを合わせるが、NHKのアナウンサーとともにMCを務める佐藤美希を、ひやひやしながら見ている。

 17日深夜のドイツ対メキシコでは「ダイナミックなプレー」と発言するところを「醍醐味」と言いかけた。16日未明のポルトガル対スペインの解説者紹介では「森岡……隆三さん」と名前がすぐに出てこなかった。

 NHKに佐藤美希という女子アナはいないよな……と思って調べたら、2013年「第38回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリに輝いた元モデルのタレントと判明。なぜ4年に1度のW杯のMCに抜擢したのか。どうやら決め手はJリーグ名誉マネジャーの肩書だったらしい。Jリーグの宣伝大使といった役割だ。

 そこでの活動が認められMC抜擢というわけだが、JリーグのスタジオMCならわかるが、五輪以上に盛り上がるサッカーW杯に起用とは驚きだ。この時を待ち望んでいたファンからは「過去の優勝国を知らないなどMCがひどすぎる」と悪評紛々、ネットで大炎上中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚