写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

公開日: 更新日:

 NHKからフリーに転身した有働由美子アナ(49)の“休日”を6月12日発売の写真週刊誌「FLASH」がキャッチ。かねてより交際がウワサされている“内野聖陽似の社長”と「しっぽり癒やし旅」などと報じている。

 同誌が有働アナと空調設備会社社長(43)のツーショットをネット上にアップするや、続々とコメントが寄せられているのだが、関心が集まっているのは2人の恋の行方というより、有働アナの“普段着”のほう。

「私服がダサすぎる」「本当に普通のオバサンだね」「おばあちゃんかと思った」などなど、口さがない意見が多いのだ。

 同誌が撮った“休日”の有働アナは、膝上までのダボッとした白いシャツワンピース姿で、真ん中のボタンがいくつか留められ、インナーに着たモノトーンの長袖ボーダーTシャツが透けている。ボトムはかなりゆったりめの幅広ジーンズで、裾は微妙にロールアップ、足元は淡いピンクのスニーカーだ。白い太めのテープが付いたツバが広めのハットをかぶり、眼鏡をかけ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る