写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

公開日: 更新日:

 NHKからフリーに転身した有働由美子アナ(49)の“休日”を6月12日発売の写真週刊誌「FLASH」がキャッチ。かねてより交際がウワサされている“内野聖陽似の社長”と「しっぽり癒やし旅」などと報じている。

 同誌が有働アナと空調設備会社社長(43)のツーショットをネット上にアップするや、続々とコメントが寄せられているのだが、関心が集まっているのは2人の恋の行方というより、有働アナの“普段着”のほう。

「私服がダサすぎる」「本当に普通のオバサンだね」「おばあちゃんかと思った」などなど、口さがない意見が多いのだ。

 同誌が撮った“休日”の有働アナは、膝上までのダボッとした白いシャツワンピース姿で、真ん中のボタンがいくつか留められ、インナーに着たモノトーンの長袖ボーダーTシャツが透けている。ボトムはかなりゆったりめの幅広ジーンズで、裾は微妙にロールアップ、足元は淡いピンクのスニーカーだ。白い太めのテープが付いたツバが広めのハットをかぶり、眼鏡をかけ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  10. 10

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

もっと見る