フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

公開日:  更新日:

 フジテレビ谷岡慎一アナ(31)と、わずか1年でスピード離婚したNHK桑子真帆アナ(31)の周辺が慌ただしい。秋にもフリーに転身するのではないかと、“独立説”が盛んに報じられている。

 報道番組「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを務め、昨年は「紅白歌合戦」の総合司会も務めた桑子アナは、押しも押されもせぬNHKの新エース。ところが、局内での人間関係に頭を悩ませているらしい。

 今年2月の平昌五輪の開会式中継で「閉会式」と言い間違えて発言し、局の上層部から厳しく叱責を受けたことが伝えられたが、理由はそれだけではなさそうだ。

「最近の人事異動で、桑子アナが所属するアナウンス室の空気が一変しました。有働由美子アナと折り合いが悪かったと噂される女性上司が責任者になったためといわれています。桑子アナもこの女性上司とソリが合わないようです。最近、週刊誌に“積極的に合コンに参加か”と書かれていましたが、本当の目的は気分転換より、局外の人間との接触を増やすためではないかともっぱらです」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る