• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

船越、ベッキー…芸能界の懲りない面々2018年夏バージョン

 26日の「ごごナマ」(NHK)のゲストは、昨年、アラカン婚した阿川佐和子。ベストセラー「聞く力」の著者だけあってMCの船越英一郎にもズケズケと聞く力を発揮。

「船越さんは今、元気になられたんですか」と阿川に聞かれ、「もちろんでございます」。畳み掛けるように「よかったですね、だいぶ痩せられましたもんね」と何か言いたげ。焦った船越、「これは努力のたまものでございます」とうまく切り返したつもりが、「それは疲労で痩せたんじゃなくて」とさらに突っ込まれる羽目に。ここで、もうひとりのMC、爆弾娘・美保純が「まだモテたいんですよ」とちゃかすと「はい。だってこれからですよ」と船越。

「もうすぐ58になります」と言う船越に「まだまだだよ。男の人なんて70、80ぐらいまで大丈夫でしょ」と阿川にたきつけられた船越は、「私も次へ行かなきゃと思っています」と前向き発言。阿川に乗せられたとはいえ、あんなに世間を騒がせておきながら(といっても不可抗力のようなものだが)、まだ懲りない船越にびっくり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る