桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

有働アナ「NEWS ZERO」MC就任で夜のニュース勢力図が激変

公開日: 更新日:

 NHKを電撃退局後、2カ月の“休養期間”を経て新生・有働由美子が帰ってきた。まず5月29日放送「マツコ、昨日死んだってよ。」(テレビ東京系)のナレーションを務めて声をお披露目。次に6月2日「開局65年記念番組 日本テレビ+ルーヴル美術館『その顔が見たい!』」ではルーブル美術館をはじめフランスのリポーターを務めた。

 退職する際は「ジャーナリストになりたい」と語ったので、どんなジャーナリストぶりかと期待したのだが、「世界ふしぎ発見!」(TBS系)のミステリーハンターとやっていることは変わらない感じ。これじゃただのご褒美番組かと思っていたら「NEWS ZERO」のメインキャスターに就任の報。日テレが有働にご褒美をあげる理由がわかった。そんなわけで有働の参戦により、10月から夜のニュース戦争が面白くなる。さぞや他局も戦々恐々だろう。

 有働参戦で夜の勢力図がどう変わるか勝手に論じたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る