桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

有働アナ「NEWS ZERO」MC就任で夜のニュース勢力図が激変

公開日: 更新日:

 NHKを電撃退局後、2カ月の“休養期間”を経て新生・有働由美子が帰ってきた。まず5月29日放送「マツコ、昨日死んだってよ。」(テレビ東京系)のナレーションを務めて声をお披露目。次に6月2日「開局65年記念番組 日本テレビ+ルーヴル美術館『その顔が見たい!』」ではルーブル美術館をはじめフランスのリポーターを務めた。

 退職する際は「ジャーナリストになりたい」と語ったので、どんなジャーナリストぶりかと期待したのだが、「世界ふしぎ発見!」(TBS系)のミステリーハンターとやっていることは変わらない感じ。これじゃただのご褒美番組かと思っていたら「NEWS ZERO」のメインキャスターに就任の報。日テレが有働にご褒美をあげる理由がわかった。そんなわけで有働の参戦により、10月から夜のニュース戦争が面白くなる。さぞや他局も戦々恐々だろう。

 有働参戦で夜の勢力図がどう変わるか勝手に論じたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る