• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

斉藤由貴は娘で禊 TVの快感忘れられない芸能人の悲しい性

 16日の「1周回って知らない話 芸能人の家族の事情SP」(日本テレビ系)に斉藤由貴(51)が出演した。昨年の不倫騒動後、公の場から姿を消したと思ったが、そろそろほとぼりも冷めたということだろうか。

 この間は映画の舞台挨拶やブルーリボン賞の授賞式には顔を出したが、バラエティー出演はまったくの別物。出たらイジられるに決まっている。そんなところにのこのこと顔を出すとはよっぽどメンタルが強いか、恥の概念がないかのどちらかだ。

 そもそも番組自体、今の若い人たちが知らない話をするもので、案の定、若者の知らないアイドル時代の斉藤由貴の映像がバンバン流れた。ご本人はもともと引っ込み思案、アイドルは嫌だったと言っていたが、当時の斉藤由貴の可愛さは超一級。今も51歳にしては若いと思うが、この半年で急激に老けたのか、全体にしわっぽくなって“老い”を感じる。不謹慎だが、不倫していた時の方が奇麗だったような。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る