ジャニタレ重用がアダ…日テレ「視聴率3冠王」陥落の危機

公開日:  更新日:

 視聴率争いを巡って圧倒的な強さから“民放キー局の無敵艦隊”の異名を誇ってきた日本テレビ放送網。だがそれも、近い将来、陥落するかもしれない――。某大手広告代理店系シンクタンクによれば、今後3年間で日テレの視聴率が右肩下がりになるという衝撃データが算出されたのだ。

 日テレにとって、全日帯は平日朝の情報番組「ZIP!」に始まり、続く「スッキリ」、「ヒルナンデス!」など数多くの人気番組を抱え、GP帯(19~23時)に負けず劣らず同局の高視聴率を支える“聖域”と呼ばれてきた時間帯だ。かつてはNHKを除く民放キー局の間では独壇場だったが、「いまは違う。同枠を見回しても2位、3位が定位置。全日帯で勝負できなくなっている」(編成関係者)という。

 実際に最近の視聴率データを分析してみると、日テレの凋落傾向は一目瞭然。6月11~17日の1週間では、「『ZIP!』の平均視聴率が8.8%なのに対し、首位はテレビ朝日系の『グッド!モーニング』(10.2%)で、2位は9.4%のフジテレビ系『めざましテレビ』。続く時間帯も『スッキリ』が5.7%だったのに対し、『モーニングショー』(テレ朝系)が9.5%、『とくダネ!』(フジ系)が5.8%。昼帯も『ヒルナンデス!』が5.3%に対し、『バイキング』(フジ系)が5.9%。精彩を欠く結果となっています」(制作関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る