今度は敏腕Pがパワハラか フジ「プライムニュース」の窮地

公開日:

 まるで呪われたかのような番組だ。

 フジテレビは4月に、BSを含めたすべての報道・ニュース番組のブランドを「プライムニュース」に統一する大改革を実施。ところが、メインキャスターに就任するはずだった登坂淳一アナがNHK時代のセクハラで“降板”し、後任を務めることになった解説委員長の反町理氏も後輩記者へのセクハラ・パワハラ疑惑が報じられた。そして、今度は番組の担当プロデューサーのA氏にパワハラ疑惑が浮上している。

「部下に対するパワハラがあったとして、A氏は自宅謹慎処分になっています。A氏は“指導”のつもりだったようですが、酒席などでも仕事と無関係の悪口などを言い続け、その部下は自宅でうなされるようになってしまった。その部下がA氏の所業を訴えたことでパワハラ疑惑が明るみになりました」(フジテレビ関係者)


 フジに問い合わせたところ、「現在、調査していますが、対外的にお答えするようなことはございません」(企業広報室)と書面で回答があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る