加藤剛さんの次男・頼さんが語った父の素顔「時々冗談も」

公開日: 更新日:

 時代劇「大岡越前」で主役を演じた加藤剛さんの訃報が届いたのは今月9日(享年80)。亡くなったのは6月で、葬儀は家族葬で執り行われ、9月にお別れの会が俳優座劇場で行われる。発表では次男で俳優の頼さあさん(37)が父の様子を語ったが、2年前、三越劇場の舞台「リア王」に出演した際、日刊ゲンダイ連載「今あるのはあの人のおかげ」に登場して父・剛について語ってくれた。頼から見た「加藤剛」の素顔とは――。

■膝に乗って見た「大岡越前」

「大岡越前」が放送されていた時は、剛さんは日曜夜か月曜朝に京都の撮影所に出掛け、帰るのは金曜夜か土曜の昼。「大岡越前」の放送は月曜夜なので、家族で見る時は剛さんは不在だった。しかし、たまに撮影がズレ込んで月曜も家にいることもあって、そういう時は膝の上に乗って見て、ドラマの解説もしてくれたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る