遅咲きの名バイプレーヤー 大杉漣さんは気遣いの人だった

公開日:

「本当なのか?」

 映画関係者を中心に、驚きとともに深い衝撃と悲鳴が駆け巡った。日本を代表するバイプレーヤー、大杉漣(本名・大杉孝)さんの訃報が、所属事務所のHPから伝えられた。享年66。21日午前3時53分、急性心不全による急死だったという。

 最期を迎えたのは出演中のテレビ東京系連ドラ「バイプレイヤーズ」のロケ先の千葉県内で、亡くなる前日も撮影を行っていたという。

「大杉さんは、このドラマで共演している遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、松重豊さんらとグループLINEをやっていました。ロケの後、スタッフらと宿泊先のホテルで食事をして、それぞれの部屋に戻って少したった午後11時ごろ、『ちょっと具合が悪い』との書き込みが大杉さんからあったんです。心配した松重さんが大杉さんのもとへ駆けつけ、『病院へ行きますか?』と聞いたそうです。ここでどんな返答があったのか、定かではないのですが、事態を重く受け止めた松重さんがタクシーで病院へと同道した。そして、病院内で駆けつけた家族、共演者、スタッフにみとられ、帰らぬ人となってしまったのです」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る