遅咲きの名バイプレーヤー 大杉漣さんは気遣いの人だった

公開日:

「本当なのか?」

 映画関係者を中心に、驚きとともに深い衝撃と悲鳴が駆け巡った。日本を代表するバイプレーヤー、大杉漣(本名・大杉孝)さんの訃報が、所属事務所のHPから伝えられた。享年66。21日午前3時53分、急性心不全による急死だったという。

 最期を迎えたのは出演中のテレビ東京系連ドラ「バイプレイヤーズ」のロケ先の千葉県内で、亡くなる前日も撮影を行っていたという。

「大杉さんは、このドラマで共演している遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、松重豊さんらとグループLINEをやっていました。ロケの後、スタッフらと宿泊先のホテルで食事をして、それぞれの部屋に戻って少したった午後11時ごろ、『ちょっと具合が悪い』との書き込みが大杉さんからあったんです。心配した松重さんが大杉さんのもとへ駆けつけ、『病院へ行きますか?』と聞いたそうです。ここでどんな返答があったのか、定かではないのですが、事態を重く受け止めた松重さんがタクシーで病院へと同道した。そして、病院内で駆けつけた家族、共演者、スタッフにみとられ、帰らぬ人となってしまったのです」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る