追悼・加藤剛さん “大岡裁き”で貫いた人権意識と平和憲法

公開日:

 先月80歳で亡くなった加藤剛さんは、スキャンダルとは無縁で知られた俳優だった。酒やオンナ絡みでは豪快なエピソードの宝庫でもあるこの世代では、稀有な存在であった。酒もたばこもやらず、ギャンブルとも無縁。夫婦仲など家族関係も極めて良好。訃報に際し謹厳実直と評されたりしているが、あるベテラン芸能記者はこう言う。

「デタラメの内容だったり、事実関係を歪曲されて報じられたと、よく芸能人がその媒体を名誉毀損で訴えたりしますよね。最近では普通の訴訟行為がほとんど普及していなかった昔、メディアを訴えたのが加藤さんなんです。マスコミの側にしても、訴えられるという認識もなければ備えなどほとんどしていなかった時代ですから、いきなり訴えられてビックリ仰天。それからだったと思いますよ、あの人には下手な取材ができない、記事も載せられないとメディアの側から加藤さんを敬遠していったのは。ドラマの制作発表などで記者会見の場に加藤さんが登壇されても、必要以上に踏み込まないでいたほうがいいという不文律が一部の記者たちの間にはありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  9. 9

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  10. 10

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

もっと見る