• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

追悼・加藤剛さん “大岡裁き”で貫いた人権意識と平和憲法

 先月80歳で亡くなった加藤剛さんは、スキャンダルとは無縁で知られた俳優だった。酒やオンナ絡みでは豪快なエピソードの宝庫でもあるこの世代では、稀有な存在であった。酒もたばこもやらず、ギャンブルとも無縁。夫婦仲など家族関係も極めて良好。訃報に際し謹厳実直と評されたりしているが、あるベテラン芸能記者はこう言う。

「デタラメの内容だったり、事実関係を歪曲されて報じられたと、よく芸能人がその媒体を名誉毀損で訴えたりしますよね。最近では普通の訴訟行為がほとんど普及していなかった昔、メディアを訴えたのが加藤さんなんです。マスコミの側にしても、訴えられるという認識もなければ備えなどほとんどしていなかった時代ですから、いきなり訴えられてビックリ仰天。それからだったと思いますよ、あの人には下手な取材ができない、記事も載せられないとメディアの側から加藤さんを敬遠していったのは。ドラマの制作発表などで記者会見の場に加藤さんが登壇されても、必要以上に踏み込まないでいたほうがいいという不文律が一部の記者たちの間にはありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る