追悼・桂歌丸さん 笑点だけでは語れない落語界の大功労者

公開日:

 年を取るのも芸のうち――。こんな言葉もあるが、自らの病気すらも笑いにかえ、最後まで高座への意欲を見せていた。落語家の桂歌丸(本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で死去した。享年81。落語芸術協会会長で、日本テレビ系「笑点」の5代目司会者を長く務めた。

 中学3年で落語家になった歌丸さんは若いころから病弱で、数々の病を患い、ついたあだ名は「病気のデパート」。大喜利では「半分棺桶」「生きたミイラ」などと体形や病気をダシにイジられるのも恒例だった。今年4月24日に入院後、重篤な肺炎を患ったが、今月1日まで鼻に酸素チューブをつけ、車椅子に乗って「笑点」に出演。まさしく生涯現役を貫いた。演芸評論家の吉川潮氏がこう話す。

「歌丸さんは『笑点』という国民的演芸番組において先代円楽に次ぐ功労者であったのは間違いありません。しかしながら、決して『笑点』だけで全部を語れる落語家ではありません」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る