• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

追悼・桂歌丸さん 笑点だけでは語れない落語界の大功労者

 年を取るのも芸のうち――。こんな言葉もあるが、自らの病気すらも笑いにかえ、最後まで高座への意欲を見せていた。落語家の桂歌丸(本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で死去した。享年81。落語芸術協会会長で、日本テレビ系「笑点」の5代目司会者を長く務めた。

 中学3年で落語家になった歌丸さんは若いころから病弱で、数々の病を患い、ついたあだ名は「病気のデパート」。大喜利では「半分棺桶」「生きたミイラ」などと体形や病気をダシにイジられるのも恒例だった。今年4月24日に入院後、重篤な肺炎を患ったが、今月1日まで鼻に酸素チューブをつけ、車椅子に乗って「笑点」に出演。まさしく生涯現役を貫いた。演芸評論家の吉川潮氏がこう話す。

「歌丸さんは『笑点』という国民的演芸番組において先代円楽に次ぐ功労者であったのは間違いありません。しかしながら、決して『笑点』だけで全部を語れる落語家ではありません」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る