日テレ傘下の「Hulu」 見逃し配信で会員数が飛躍的に急増

公開日: 更新日:

 映画やドラマをいつでもどこでも楽しめる動画配信サービスが続々と登場している。オリジナル作品も魅力で、サラリーマンの利用者は急増中だ。どんな企業がこのビジネスを手掛けているのか。オススメ作品を含め、最前線を追った。1回目は「Hulu(フールー)」。

 映画、ドラマ、アニメなど国内外の作品5万本以上が月額933円(税別)で見放題のHulu。もともとはアメリカ発の動画配信サービスで、日本では2011年にスタートした。

 14年に日本向けのサービスを日本テレビグループが譲り受けて、子会社化。現在は、日本テレビホールディングス(HD)傘下のHJHDが運営している。株主は日本テレビHDを筆頭に、米国Hulu、ヤフー、東宝、読売テレビなど。

 Huluが配信する作品は大きく分けて4つ。まず、日本初上陸の海外ドラマがいち早く見られる「Huluプレミア」。ゴールデングローブ賞やエミー賞を席巻した「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」やトルコ版「大奥」ともいわれる「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」など海外ドラマ好きが注目するタイトルが並ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る