日テレ傘下の「Hulu」 見逃し配信で会員数が飛躍的に急増

公開日:

 映画やドラマをいつでもどこでも楽しめる動画配信サービスが続々と登場している。オリジナル作品も魅力で、サラリーマンの利用者は急増中だ。どんな企業がこのビジネスを手掛けているのか。オススメ作品を含め、最前線を追った。1回目は「Hulu(フールー)」。

 映画、ドラマ、アニメなど国内外の作品5万本以上が月額933円(税別)で見放題のHulu。もともとはアメリカ発の動画配信サービスで、日本では2011年にスタートした。

 14年に日本向けのサービスを日本テレビグループが譲り受けて、子会社化。現在は、日本テレビホールディングス(HD)傘下のHJHDが運営している。株主は日本テレビHDを筆頭に、米国Hulu、ヤフー、東宝、読売テレビなど。

 Huluが配信する作品は大きく分けて4つ。まず、日本初上陸の海外ドラマがいち早く見られる「Huluプレミア」。ゴールデングローブ賞やエミー賞を席巻した「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」やトルコ版「大奥」ともいわれる「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」など海外ドラマ好きが注目するタイトルが並ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る