有田哲平が「半分、青い。」に 所属事務所の堅実精鋭戦略

公開日: 更新日:

 くりぃむしちゅーの有田哲平(47)がNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」に出演することが19日発表された。役どころはさまざまな事業を展開している職業不詳の男。後にヒロインの人生に影響を与えるという物語のキーパーソンだという。

 同作は豊川悦司(56)、斎藤工(36)、中村倫也(31)ら“イケメン揃い”で高視聴率を記録中。有田はイケメン枠ではないが、脚本家の北川悦吏子氏が有田のキャラを生かした“当て書き”でセリフを作るという厚遇である。芸能リポーターの川内天子氏は「事務所が丁寧に売ってきた成果が実を結んだ」としてこう続ける。

「深夜ドラマの主演で見せた演技とキャラの“軽妙さ”が評価されたのでしょう。また当時を生きてきた有田さんならではの存在感もあり、リアリティーが増す。事務所は有田さんを1人で売り出す段階に来たと判断したということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る