HIROKA
著者のコラム一覧
HIROKAダンサー

1984年、北海道生まれ。2006年、「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」のジャパンツアーでバックダンサーを務める。07年、「スーパーボール」のCMに出演。09年、MTVの「America’s Best Dance Crew」シーズン4で日本人女性として初優勝。その後、アメリカの2大テレビ「Ellen」「Oprah」、ディズニーチャンネルにゲスト出演のほか、ジャスティン・ビーバーら数々のミュージックビデオに出演。現在、アメリカと日本を拠点に、ダンスにとどまらず幅広く活躍。

かなう人とかなわぬ人…セレブ世界の住人になれる条件は?

公開日:

 ジェニファー・ロペス(J.lo=49)とはテレビ番組での共演と「フューチャープロジェクト」と題された現場でご一緒させていただいたことがあります。「フューチャー――」はSNS厳禁、彼女の今後の展開に必要な人材を探している様子でした。

 彼女は男前なキャリアウーマンタイプ。第一線で勝ち残るために一切無駄なエネルギーや時間を割かないようにみえました。リハーサル中は全く笑いもせず、我々に話しかけることもなく、まるで全てが戦場。流行を取り入れていこうとする情熱とは裏腹に淡々と仕事をこなしている印象でした。J.loはラテンの生まれで、ダンサーからアーティストになってアメリカンドリームをゲットした人物。愛想や素っ気のなさは必死に自分の築きあげたものを守っていたからなのかもしれません。

 彼女は今、ラスベガスのショーに出演中です。なんとそのプロデューサーは私がMTVのオーディション番組でお世話になったプロデューサーです。公演は数カ月に及び、90分間の公演をコンスタントに繰り返すルーティンワークで現在チケットの売り上げは6000万ドル、ファンの総動員数は30万人を超え、彼女のようにビジネスに徹することができるアーティストには最適な仕事場かもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る