桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

小林麻耶はアナ部門でブログ継続…タレントの引退を考える

公開日:

 元フリーアナウンサーの小林麻耶(39)が7月末に一般男性と電撃結婚したと思ったら、今度は「大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために働きたい」とブログで電撃引退宣言した。不可解なのは、引退はするが、ブログはやめないと宣言していること。麻耶の「オフィシャルブログ『まや★道』」の読者数は197万超、アナウンサー部門の堂々第1位だ(ちなみに市川海老蔵、小林麻央は殿堂入り)。

 アナウンサーを辞めた人がアナウンサー部門とは、これいかに? ご本人いわく「プライベートの自分として書き綴ってまいりましたので、今後もブログの読者の皆様とつながっていたいのです」だそうだ。そのブログとやらを見てみたら、本や写真集のお知らせだらけ。いまどき、一般人でもブログをやっているのでやめなくてもいいと思うが、でも、アナウンサーを辞めて一般人になったと主張しているのだから、アナウンサー部門にいるのはおかしな話だ。剛力彩芽(円内)もインスタをとやかく言われるが、タレントだから、文句を言われても想定済み。ところが、麻耶はタレントではなく、一般人という理由で、あら探しするマスコミに敵意を剥き出しにするのは嫌な感じだ。引退したというのなら、それなりにケジメをつけるべき、タレントだったことをちょっとでも利用するような行為はなんだかなだ。せめていったん線を引いて新しくブログを立ち上げた方が筋が通る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る