吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

スタジオジブリ鈴木敏夫編<後編>初仕事が人生に影響与える

公開日: 更新日:

 魑魅魍魎が跋扈するアニメビジネス界で「怪物鈴木」とも呼ばれる片鱗にチラッと触れることがある。もちろん、この私も数年に1度くらい、ビジネスの話でビシッと断られることもある。その場合「(笑)」はない。しかしその後、断られた感じを引きずられることは決してなく、ビシッと何故それが難しいかを簡潔に説明した文章の後、「ご理解下さい」とくる。どう考えても二度と話は持ちかけられないし、次にお会いしたときもまったくその話がなかったかのように和やかである。

 そしてまた、ふと思い出すのは都心の鈴木さんの隠れ家兼打ち合わせ場でドワンゴの川上量生さんが私に「鈴木さんて、本当のことしか言わないんですよね」と私に言ったことだ。もちろん、鈴木さんも百戦錬磨の大人だから、交渉や対話におけるさまざまな高等テクニックを持っているのは当然だが、そのときもほとんど「嘘」はつかないし、お追従は言わない。相手がそれなりの脳みそを持っていれば鈴木さんが柔らかい言葉でやんわりと断っていることが、判然とする。一方、前向きに「やりましょう」と言ったときには一点の曇りもない。これは大小どんな相手でも変わらないのだ。もちろん鈴木さんにとって「面白いもの」は面白いし、「つまらないもの」はつまらないので、言葉に出さずとも鈴木さんを見ていればその表情や姿から明らかにわかる。天下の大新聞に講演を頼まれ「皆さん。本当のことを書いて下さい」と言い放ったというのだから、年季が入っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る