• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

スタジオジブリ鈴木敏夫<前編>ディズニーを相手に大勝負

 スタジオジブリの鈴木敏夫氏とは92年に公開の映画「紅の豚」以来、26年の付き合いになる。何か全身からエネルギーを発している「歩くだるまストーブ」のような方だ。鈴木さんのメールの返事はこちらがどんなに夜中(朝方)に送っても、ほぼ翌日夕方までには返ってくる。文章も必要最小限で。

〈いやその仕事やってもいいんじゃないですか?(笑)〉

〈その文章を書くならこの映画とこの映画(その時は10本も挙げた)を見た方が良いです(笑)〉

 鈴木さんのメールの最後には「(笑)」が付くことがほとんどだ。些細なことや、深刻度が浅い場合には、ほぼ間違いなく落語でいえば“さげ”のような、ちょっと笑える1行が入って、(笑)が入る。

 特に少々の悩み相談などに回答を頂いた場合などはこの「(笑)」が絶妙な隠し味のように効いてくる。それには鈴木さんの「多少迷っていても、深刻に思えても、だいたい何事も最後になるようになるし、どうにもならないことはどうにもならないことがほとんどですよ」などという、落語的思想(?)が込められている気もする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る