吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

スタジオジブリ鈴木敏夫<前編>ディズニーを相手に大勝負

公開日:

 スタジオジブリの鈴木敏夫氏とは92年に公開の映画「紅の豚」以来、26年の付き合いになる。何か全身からエネルギーを発している「歩くだるまストーブ」のような方だ。鈴木さんのメールの返事はこちらがどんなに夜中(朝方)に送っても、ほぼ翌日夕方までには返ってくる。文章も必要最小限で。

〈いやその仕事やってもいいんじゃないですか?(笑)〉

〈その文章を書くならこの映画とこの映画(その時は10本も挙げた)を見た方が良いです(笑)〉

 鈴木さんのメールの最後には「(笑)」が付くことがほとんどだ。些細なことや、深刻度が浅い場合には、ほぼ間違いなく落語でいえば“さげ”のような、ちょっと笑える1行が入って、(笑)が入る。

 特に少々の悩み相談などに回答を頂いた場合などはこの「(笑)」が絶妙な隠し味のように効いてくる。それには鈴木さんの「多少迷っていても、深刻に思えても、だいたい何事も最後になるようになるし、どうにもならないことはどうにもならないことがほとんどですよ」などという、落語的思想(?)が込められている気もする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る