吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

長年ライバルのビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズ<後編>

公開日:

 サム古川氏は1986年にマイクロソフトに入社し、ウィンドウズ攻勢の日本における指揮を執りながらビル・ゲイツを真近で見ていたがとても細かかったという。例えばコピー用紙1枚のコストにも目を光らせていて「こんなにコピー用紙が高いのなら、私がその納入業者に日本まで直接交渉しに行く」とのたまっていたという。ゲイツは95年、ついにエコノミー移動からプライベートジェットに変えたが、機中でハンバーガーを食べ、手に付いたケチャップを真っ白な皮のシートで拭いていた。また来日した際、なかなかゲートから出てこないので、調べてみるとパスポートを忘れてきたという珍事件も。古川氏によるとある種の天才的変人でもあった。小さな事にも妥協しないゲイツだが、古川氏が退職するときにはこれ以上ない豪華なパーティーを“自腹で”開いてくれたという。

 一方のジョブズは、強引さゆえにアップルを追われ、97年に復活したが、その時に驚くべき手を打つ。ボストンの巨大モニターに突然マイクロソフトのビル・ゲイツが現れ、技術提携とマイクロソフト社からアップルへの巨額投資が発表された。観衆はもとより、アップル関係者も度肝を抜かれた。それはあたかも友情に見えたが「策士同士の計算づくの発表」だった。2人の“握手と喧嘩”はその後も続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る