田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

公開日:

 1970~90年代、私は毎晩200万円はくだらない売り上げをあげる銀座のホステスでした。平成生まれにはわからない贅沢な生活がありました。そして、私自身も「銀座の女」という贅沢品の一部として、たくさんの男性から貢がれ、愛を注がれ、磨かれてゆきました。そんな時代も今は昔、中村勘三郎さん、西城秀樹さんなど当時お世話になった芸能人の方々が亡くなるたびに、もう私もそんな年になったのだなと思います。そんな私の恋の昔語りをさせていただきたいと思います。

 亡くなったとき、あれだけ浮名を流しても誰一人文句を言わないばかりか、歴代の彼女たちが勢ぞろいしたというのは中村勘三郎さん。私もつかず離れず「大人の関係」で長くお世話になりました。勘三郎さんと初めてお会いしたのは私が27、28歳。作詞家の山口洋子さんの経営する銀座の「姫」にいたころ。確か、出会ったころはまだ独身で、太地喜和子さんと破局した後だったと思います。お店に来た時にチケットをいただいたので、和服を着て歌舞伎を見に行き、楽屋に挨拶に行ったのがおつきあいの始まりでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る