• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

 1970~90年代、私は毎晩200万円はくだらない売り上げをあげる銀座のホステスでした。平成生まれにはわからない贅沢な生活がありました。そして、私自身も「銀座の女」という贅沢品の一部として、たくさんの男性から貢がれ、愛を注がれ、磨かれてゆきました。そんな時代も今は昔、中村勘三郎さん、西城秀樹さんなど当時お世話になった芸能人の方々が亡くなるたびに、もう私もそんな年になったのだなと思います。そんな私の恋の昔語りをさせていただきたいと思います。

 亡くなったとき、あれだけ浮名を流しても誰一人文句を言わないばかりか、歴代の彼女たちが勢ぞろいしたというのは中村勘三郎さん。私もつかず離れず「大人の関係」で長くお世話になりました。勘三郎さんと初めてお会いしたのは私が27、28歳。作詞家の山口洋子さんの経営する銀座の「姫」にいたころ。確か、出会ったころはまだ独身で、太地喜和子さんと破局した後だったと思います。お店に来た時にチケットをいただいたので、和服を着て歌舞伎を見に行き、楽屋に挨拶に行ったのがおつきあいの始まりでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る