歌舞伎座人気が一服…梨園が仕掛ける尾上松也“婚活作戦”

公開日:

 2013年4月に再開場してから間もなく5年。連日、あふれんばかりの人が行列をつくってきた歌舞伎座も、さすがに一服の様相だ。13年度に歌舞伎座がたたき出した興行収入は146億円に上るが、それ以降は微減が続いている。

「歌舞伎の興行主の松竹の18年2月期通期の純利益は33%減の予想です。16年10月から開催した八代目中村芝翫の襲名披露の反動もあり、観客動員数が減少しています」(アナリスト)

 客足が鈍り始めたのは“スター不在”が大きい。近年、歌舞伎界は中村勘三郎(享年57)、市川団十郎(享年66)、坂東三津五郎(享年59)といったカリスマを相次いで失ってしまった。

 しかし、松竹には歌舞伎を2020年東京五輪で世界にアピールしたいという思いがあるという。そのために仕掛けようと目されている“ビッグイベント”が、市川海老蔵(40)の「13代目市川団十郎襲名」だ。13年から空位となっている歌舞伎界で最も権威のある大名跡を2年以内に海老蔵に継がせることが既定路線といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る