• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歌舞伎座人気が一服…梨園が仕掛ける尾上松也“婚活作戦”

 2013年4月に再開場してから間もなく5年。連日、あふれんばかりの人が行列をつくってきた歌舞伎座も、さすがに一服の様相だ。13年度に歌舞伎座がたたき出した興行収入は146億円に上るが、それ以降は微減が続いている。

「歌舞伎の興行主の松竹の18年2月期通期の純利益は33%減の予想です。16年10月から開催した八代目中村芝翫の襲名披露の反動もあり、観客動員数が減少しています」(アナリスト)

 客足が鈍り始めたのは“スター不在”が大きい。近年、歌舞伎界は中村勘三郎(享年57)、市川団十郎(享年66)、坂東三津五郎(享年59)といったカリスマを相次いで失ってしまった。

 しかし、松竹には歌舞伎を2020年東京五輪で世界にアピールしたいという思いがあるという。そのために仕掛けようと目されている“ビッグイベント”が、市川海老蔵(40)の「13代目市川団十郎襲名」だ。13年から空位となっている歌舞伎界で最も権威のある大名跡を2年以内に海老蔵に継がせることが既定路線といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る