• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歌舞伎座人気が一服…梨園が仕掛ける尾上松也“婚活作戦”

 2013年4月に再開場してから間もなく5年。連日、あふれんばかりの人が行列をつくってきた歌舞伎座も、さすがに一服の様相だ。13年度に歌舞伎座がたたき出した興行収入は146億円に上るが、それ以降は微減が続いている。

「歌舞伎の興行主の松竹の18年2月期通期の純利益は33%減の予想です。16年10月から開催した八代目中村芝翫の襲名披露の反動もあり、観客動員数が減少しています」(アナリスト)

 客足が鈍り始めたのは“スター不在”が大きい。近年、歌舞伎界は中村勘三郎(享年57)、市川団十郎(享年66)、坂東三津五郎(享年59)といったカリスマを相次いで失ってしまった。

 しかし、松竹には歌舞伎を2020年東京五輪で世界にアピールしたいという思いがあるという。そのために仕掛けようと目されている“ビッグイベント”が、市川海老蔵(40)の「13代目市川団十郎襲名」だ。13年から空位となっている歌舞伎界で最も権威のある大名跡を2年以内に海老蔵に継がせることが既定路線といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る