24年ぶり上演も…現代の歌舞伎で幽霊モノは通用しないのか

公開日: 更新日:

 ここ数年、6月の歌舞伎座は空席が多い。5月の團菊祭と7月の海老蔵の座頭公演にはさまれ、客足が鈍るのだろう。昼の部は尾上菊五郎、夜の部は中村吉右衛門が責任をもっての興行となり、ポスターでは2人が並んでいるが、共演はない。このへんが観客のニーズと合致しないのかもしれない。

 昼の部、中村時蔵の「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」と、尾上菊之助の「文屋」はどちらもよく上演されるが、菊五郎が主役の「野晒悟助(のざらしごすけ)」は20年ぶり。夜の部も、吉右衛門主演の「夏祭浪花鑑」は数年に1度は上演されるが、「巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)」は24年ぶり。

 20年も上演されないのは、芝居としてつまらないか、できる役者がいないかのどちらかだ。昼の「野晒悟助」は前者で、夜の「巷談宵宮雨」は後者であろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る