24年ぶり上演も…現代の歌舞伎で幽霊モノは通用しないのか

公開日:

 ここ数年、6月の歌舞伎座は空席が多い。5月の團菊祭と7月の海老蔵の座頭公演にはさまれ、客足が鈍るのだろう。昼の部は尾上菊五郎、夜の部は中村吉右衛門が責任をもっての興行となり、ポスターでは2人が並んでいるが、共演はない。このへんが観客のニーズと合致しないのかもしれない。

 昼の部、中村時蔵の「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」と、尾上菊之助の「文屋」はどちらもよく上演されるが、菊五郎が主役の「野晒悟助(のざらしごすけ)」は20年ぶり。夜の部も、吉右衛門主演の「夏祭浪花鑑」は数年に1度は上演されるが、「巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)」は24年ぶり。

 20年も上演されないのは、芝居としてつまらないか、できる役者がいないかのどちらかだ。昼の「野晒悟助」は前者で、夜の「巷談宵宮雨」は後者であろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る